第4回生活困窮者自立支援全国研究交流大会が高知でありました

さる2017年11月11日~12日にかけて、生活困窮者自立支援事業に関わる支援者などが全国から高知に集まり、研究大会が行われました。

このイベントには、ソーシャルFPネットワーク代表の石川も、家計相談の分科会で登壇しました。

この時の様子は、代表石川のブロブに書かれています。

第4回生活困窮者自立支援全国研究交流大会in高知~生活困窮者自立支援事業の家計相談を考える~

家計相談を必須化したいという熱い想いにあふれた二日間でした。

このグループからも、石川が高知県香美市社協と高知県社協で、竹村が高知市において日本FP協会からの相談員として、生活困窮世帯への家計相談を担当しています。

国を挙げて取り組んでいる事業であり、成果が期待されるわけですが、相談件数の少なさなどの課題もあります。

そのような課題の解決に、このグループのメンバーが関わることも期待されているかもしれません。

ソーシャルFPネットワーク FPが変える・FPが支える

私たちは、貧困、引きこもり、障害者とお金、空き家問題、ひとり親世帯、おひとりさま世帯の課題、がん治療生活や高額な医療費負担などの社会問題の解決に積極的に取り組むファイナンシャルプランナーの集団です。私たちは、日本中のあらゆる場所で起こっているこのような課題に向き合い、専門家として、他の専門職や行政、医療機関などと連携して、問題解決のために積極的に活動します。